パチンコファンの  羨望を一身に浴びていた

 

無敵の軍団「梁山泊」は

平成6年3月滋賀と神戸の

 

グループ12人によって産声をあげた。

入念な戦略構想を練り上げた彼らは、

 

兵庫県尼崎市で鮮烈なデビューを飾り、

 

間もなく大阪のグループ4人

 

と合体して16人になった。

軍団は関西地方全域をわずかひと月で

パチンコホールを完全制圧してしまった。

どこのお店に行ってもドル箱が

 

5段6段は当たり前15段重ねのドル箱に

 

ひじをつき玉を弾いて

ピカピカ光る大当たりランプが

 

全員何時間も光っぱなしで

ドル箱1箱分くらい​落ちている玉もあり

 

凄まじい状況でした。

まだこの時代はネットも復旧しておらず

 

情報自体が乏しく

パチプロという定義もなく

 

(世間ではパチプロ?何それ、居る訳がない)

 

そういう環境ですので、

 

ヤジウマたちも訳が分からず

『なんやこいつら』『なんでお前らだけが出るんじゃ』

完全に、この軍団は悪い人達で

 

悪いことをしていると思われていました!

その後、6月中旬に関西を

 

離れ東京に攻めにぼった。

首都圏のホールを次々と陥落させ、

 

噂を聞きつけたマスコミが、

関西から来たパチプロ軍団 梁山泊

 

という名前を週刊誌が特集を組み連載されました。

そのマスコミのおかげで梁山泊は

合法的に何も持たず(体感機とか)攻略法だけで

正々堂々とパチンコを出しているということを世間が知った。

 

梁山泊の知名度が上がっていくごとに

 

雰囲気と流れが変わりました。

悪い謎の軍団から一転、パチンコ 界のヒーロー

 

みたいな感じでした

後から思えば、この世間を味方につけた事は大きい!

 

脅威のパチプロ軍団~伝説の梁山泊

  • YouTube
  • Facebook