1996年当時、国民的娯楽と呼ばれたパチンコは、日本中に約1800店、3000万人が遊んでいました。年間に動いたお金は30兆円にも上りました。
1994年の春にパチンコ梁山泊の16名が、 うち2名が次に行く 所を 事前に先に行き調べる係


1日に78万発を出していました。
当時は連チャン機全盛時代で、 梁山泊は西陣の「春一番」で全国を制覇を志していました。

16人での1日の稼ぎは350万円、半年で2億円を稼いでいました。そんな彼らの噂は全国に広がり始めていました。これはまだ序章に過ぎなかった!!