梁山泊には梁山泊全体を束ねる(Kーリーダー)と

サブリーダーの神戸と滋賀のまとめ役の(Z)大阪の

 

まとめ役(爆裂王大野)がいました。

この全体を束ねるKリーダーは知的で度胸もあり

ユーモアありとみんなが信頼して尊敬し、

慕っていました。こういった人望の厚い人がいた

 

からこそ、みんなの志と思いとあわさって

梁山泊は一枚岩となってリーダーを筆頭に戦って

いけました

1996年当時、国民的娯楽と呼ばれたパチンコは、日本中に約1800店、3000万人が遊んでいました。年間に動いたお金は30兆円にも上り、「CR黄門ちゃま」でファンが拡大していました。
そんな年の2年前、1994年の春にパチンコ梁山泊の16名が、1日に78万発を出していました。当時は連チャン機全盛時代で、彼らは西陣の「春一番」などで全国を制覇して歩いていました。
梁山泊のパチプロ集団は漫画になり、ビデオにもなっていました。彼らは全国をまたにかけ、16人での1日の稼ぎは350万円、半年で2億円を稼いだといわれています。そんな彼らの噂は全国に広がりました。

脅威のパチプロ軍団~伝説の梁山泊

  • YouTube
  • Facebook